(プレスリリース)PayPayアプリのリニューアルについて ~ 便利にPayPay残高を送ったり受け取ったりできるようになりました ~

  • プレスリリース
  • 2019年4月3日
  • PayPay株式会社

PayPayアプリのリニューアルについて
~ 便利にPayPay残高を送ったり受け取ったりできるようになりました ~

 ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の共同出資会社であるPayPay株式会社は、本日PayPayアプリを大幅にリニューアルしました。

 主な新機能は以下の通りです。なお、リニューアルされたアプリを利用するには、アップデートが必要です。

① PayPay残高(※1)を「送る」「受け取る」が便利に
  • ・PayPayアプリのトップから、便利にPayPay残高の送付や受け取りができるようになりました。SNSなどで受取用URL(※2)を送ることで、電話番号や今回新たに導入するPayPay IDを知らない相手にも送ることができます。
  • ・PayPayを登録されていない相手にも、PayPay残高を送ることができます。PayPayを登録されていない方は、登録するとPayPay残高を受け取ることができます。なお、受け取りを辞退した場合、PayPay残高は送ったユーザーに戻ります。
  • ・さらに、PayPay残高を送る際に、「パスコード」を設定できるようになりました。パスコードがついたPayPay残高は、パスコードを入力しないと受け取ることができません(※3)。
② 「PayPay ID」を導入
  • ・ユーザー自身で設定できるPayPay IDを導入しました。PayPay残高を送る場合などに、送り先のPayPayユーザーの検索には携帯電話番号を使用していましたが、PayPay IDでも探すことができます。
  • ・一度設定したPayPay IDは変更することはできず、各ユーザー固有の変わらないIDになるため、確実にユーザーを指定することができます。
  • ※1 PayPay残高のうち、送付できるのはPayPayライトのみです。特典やキャンペーン等の適用に伴い、PayPay残高に進呈されるPayPayボーナスは送付できません。PayPayボーナス、PayPayライトの詳細はこちらをご覧ください。
  • ※2 受取用URLの有効期限は2週間です。
  • ※3 PayPay残高を送るユーザーは、受け取るユーザーにSNSなどでパスコードを伝える必要があります。
  • PayPayアプリリニューアルの詳細については、こちらをご覧ください。
■「PayPay」の主な特長
  • ・電子マネー(「PayPay残高」または「Yahoo!マネー」)と、クレジットカードの2種類からユーザーが自由に決済手段を選択できます。
  • ・加盟店が提示したQRコードをユーザーがアプリで読み取る「ユーザースキャン(スキャン支払い)」方式と、ユーザーがアプリに表示したバーコードやQRコードを加盟店がレジなどで読み取る「ストアスキャン(コード支払い)」方式の2通りを提供しており、加盟店がいずれかを選択できます。
■イメージ画像はこちらからダウンロードしていただけます。
■PayPayアプリは、こちら(App StoreGoogle Play ™)からダウンロードしていただけます。
  • ※ 対応環境: iOS 10.0以上、Android 5以上
  • ※「QRコード」は、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
  • ※App Store は、Apple Inc.のサービスマークです。TM and © 2018 Apple Inc. All rights reserved.
  • ※Google Play は、Google LLCの商標または登録商標です。
  • ※その他、このプレスリリースに記載されている会社名、屋号および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。