PayPay利用規約

目次

PayPayサービス利用規約

PayPayウォレット特約

PayPayライト利用規約

PayPayライト 資金決済法に基づく表示

PayPayボーナスの取扱いについて


PayPayサービス利用規約

利用規約 第1編 基本ガイドライン

基本ガイドラインは、PayPay株式会社(以下「当社」といいます)のサービスをご利用になるすべての方に共通して適用されます。

第1章 総則

1.当社のサービスの利用

本利用規約にご同意いただくことによって、当社のサービスをご利用いただくことができます。
なお、無料で提供しているサービスにつきましては、本利用規約にご同意いただく手続に代えて、実際にご利用いただくことで本利用規約第1編基本ガイドラインにご同意いただいたものとみなします。

2.サービス内容の保証および変更

当社は、提供するサービスの内容について、瑕疵(かし)やバグがないことは保証しておりません。
また、当社は、お客様にあらかじめ通知することなくサービスの内容や仕様を変更したり、提供を停止したり中止したりすることができるものとします。

3.サービスの利用制限

当社は、サービスのご利用をPayPay アカウント(以下本章で「アカウント」といいます)を登録された方に限定したり、一定の年齢以上の方に限定したり、当社が定める本人確認などの手続を経て一定の要件を満たしたお客様のみに限定したりするなど、ご利用に際して条件を付すことができるものとします。
また、当社は、反社会的勢力の構成員(過去に構成員であった方を含みます)およびその関係者の方や、マネーロンダリング、その他のサービスの悪用が疑われる方、第三者に迷惑をかけたりするようなお客様に対してはご利用をお断りしています。

4.アカウントの登録情報

アカウントを登録していただく場合、(1)真実かつ正確な情報を登録していただくこと、(2)登録内容が最新となるようお客様ご自身で適宜修正していただくことがお客様の義務となります。

5.アカウントおよびパスワード等に関するお客様の責任

お客様を特定する所定の認証方法(アカウントとパスワードの組み合わせや携帯電話事業者から送信される携帯電話番号ごとに一意に付与される符号の、登録情報との一致確認による認証を含みますが、これらに限りません)によりログインされた場合には、当社は、当該お客様ご自身によるご利用であるとみなします。サービスのご利用や商品の購入などによって料金や代金(当社のサービスのご利用にかかる代金、利用料、会費その他名目は問いません。また当社が第三者から回収を受託したお客様の債務を含みます。以下「代金」といいます)が発生した場合には、当該お客様に請求いたします。

6.サービス利用にあたっての順守事項

当社のサービスのご利用に際しては、以下に定める行為(それらを誘発する行為や準備行為も含みます)を禁止いたします。
(1)日本国またはご利用の際にお客様が所在する国・地域の法令に違反する行為
(2)社会規範・公序良俗に反するものや、他人の権利を侵害し、または他人の迷惑となるようなものを、投稿、掲載、開示、提供または送信(以下これらを総称して「投稿など」といいます)したりする行為
(3)ほかのお客様の使用するソフトウエア、ハードウエアなどの機能を破壊したり、妨害したりするようなプログラムなどの投稿などをする行為
(4)当社のサーバーまたはネットワークの機能を破壊したり、妨害したりする行為
(5)当社のサービス、当社の配信する広告、または、当社のサイトおよび当社のアプリ上で提供されているサービス、広告を妨害する行為
(6)ほかのお客様の個人情報や履歴情報および特性情報(当社所定のプライバシーポリシーにて定義されます)などをお客様に無断で収集したり蓄積したりする行為
(7)サービスを、マネーロンダリング、換金目的など、提供の趣旨に照らして本来のサービス提供の目的とは異なる目的で利用する行為
(8)ほかのお客様のアカウントを使用してサービスを利用する行為
(9)手段のいかんを問わず他人からパスワードを入手したり、他人にパスワードを開示したり提供したりする行為
(10)当社のサービスに関連して、反社会的勢力に直接・間接に利益を提供する行為

7.当社のサービスなどの再利用の禁止

お客様が、当社のサービスやそれらを構成するデータを、サービスの提供目的を超えて利用した場合、当社は、それらの行為を差し止める権利ならびにそれらの行為によってお客様が得た利益相当額を請求する権利を有します。

8.当社に対する補償

お客様の行為が原因で生じたクレームなどに関連して当社に費用が発生した場合または当社が賠償金などの支払を行った場合、お客様は、当社が支払った費用や賠償金など(当社が支払った弁護士費用を含みます)を負担するものとします。

9.お客様のデータおよびコンテンツの取扱い

お客様が当社の管理するサーバーに保存しているデータについて、当社ではバックアップの義務を負わないものとし、お客様ご自身においてバックアップを行っていただくものとします。

なお、当社のサービスの保守や改良などの必要が生じた場合には、当社は、お客様が当社の管理するサーバーに保存しているデータを、サービスの保守や改良などに必要な範囲で複製することができるものとします。
また、電子掲示板など、不特定または多数のお客様がアクセスできるサービスに対してお客様が投稿などをしたコンテンツについては、お客様または当該コンテンツの著作権者に著作権が帰属します。
当該コンテンツについて、お客様は当社に対して、日本の国内外で無償かつ非独占的に利用(複製、上映、公衆送信、展示、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案、出版を含みます)する権利を期限の定めなく許諾(サブライセンス権を含みます)したものとみなします。
なお、お客様は、著作者人格権を行使しないものとします。

10.広告掲載について

当社は、提供するサービスやソフトウエアに当社または当社に掲載依頼をした第三者の広告を掲載することができるものとします。

11.投稿などの削除、サービスの利用停止、アカウントの削除について

当社は、提供するサービスを適正に運営するために、次の各号のいずれかに該当する場合には、あらかじめ通知することなく、データやコンテンツを削除したり、サービスの全部または一部の利用をお断りしたり、お客様のアカウントを削除したりするといった措置を講じることができるものとします。
また、お客様が複数のアカウントを登録されている場合には、それらすべてのアカウントに対して措置がとられる場合があります。
(1)お客様が本利用規約に定められている事項に違反した場合、もしくはそのおそれがあると当社が判断した場合
(2)当社にお支払いいただく代金について支払の遅滞が生じた場合
(3)PayPayウォレットの代金決済手段として指定されたクレジットカードや銀行口座の利用が停止された場合
(4)お客様が破産もしくは民事再生の手続の申立てを受け、またはお客様自らがそれらの申立てを行うなど、お客様の信用不安が発生したと当社が判断した場合
(5)アカウントが反社会的勢力またはその構成員や関係者によって登録または使用された場合、もしくはそのおそれがあると当社が判断した場合
(6)お客様が一定期間にわたってアカウントまたは特定のサービスを使用していない場合
(7)お客様がお亡くなりになられた場合
(8)その他、お客様との信頼関係が失われた場合など、当社とお客様との契約関係の維持が困難であると当社が判断した場合

12.免責事項

当社の債務不履行責任は、当社の故意または重過失によらない場合には免責されるものとします。

なお、お客様との本利用規約に基づく当社のサービスのご利用に関する契約が消費者契約法に定める消費者契約に該当する場合、上記の免責は適用されないものとし、当社は、当社の故意・重過失に起因する場合を除き、通常生じうる損害の範囲内で、かつ、有料サービスにおいては代金額(継続的なサービスの場合は1か月分相当額)を上限として損害賠償責任を負うものとします。

13.個別サービスの利用条件などについて

特定の当社のサービスについては、基本ガイドラインのほかに、サービス固有の利用条件が設けられている場合があります。
本利用規約第1編に定める基本ガイドラインと本利用規約第2編に定める個別サービスの利用条件を含むサービス固有の利用条件が異なっている場合には、特段の定めがない限り、当該サービスに関してはそのサービス固有の利用条件が基本ガイドラインに優先して適用されるものとします。

14.利用規約の変更について

当社が必要と判断した場合には、お客様にあらかじめ通知することなくいつでも本利用規約を変更することができるものとします。
ただし、ご利用いただいているお客様に大きな影響を与える場合には、あらかじめ合理的な事前告知期間を設けるものとします。

15.通知または連絡

お客様が当社への連絡を希望される場合には、当社が設けた問い合わせページ、当社が指定する電話番号への電話またはメールアドレスあてのメールによって行っていただくものとします。

16.権利義務などの譲渡の禁止

お客様は、本利用規約に基づくすべての契約について、その契約上の地位およびこれにより生じる権利義務の全部または一部を、当社の書面による事前の承諾なく第三者に譲渡することはできません。

17.準拠法、裁判管轄

本利用規約の成立、効力発生、解釈にあたっては日本法を準拠法とします。
また、当社のサービス(掲載内容や広告などを含む)、ソフトウエアに起因または関連して当社とお客様との間で生じた紛争については東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

18.利用規約の適用制限について

本利用規約の規定がお客様との本利用規約に基づく契約に適用される関連法令に反するとされる場合、当該規定は、その限りにおいて、当該お客様との契約には適用されないものとします。ただし、この場合でも、本利用規約のほかの規定の効力には影響しないものとします。

2018年10月1日制定

第2章 PayPayウォレットに関する規則(ガイドライン)

1.支払方法の登録

当社への代金のお支払が必要なサービスをご利用いただく際には、一部の例外を除いて、代金をお支払いする方法を、PayPayウォレット(当社が提供する、お支払い方法を登録および管理することができるサービスをいいます。以下同じ)にご登録いただくことが必要です。
なお、PayPayウォレットのご登録内容に変更が生じた場合はただちに変更手続を行うことが必要です。

2.利用制限

PayPayウォレットにご登録いただくことができるクレジットカード会社(種類)および銀行口座は当社があらかじめ定めたものに限られ、ご本人名義である必要があります。
また、当社が必要と判断した場合は、PayPayウォレットを使用して行うことができるお客様の代金の決済額について、ご利用限度額を定める場合があります。

3.収納代行および業務委託

お客様が、当社以外の商品・サービス提供者とお客様との間に成立した取引の代金のお支払方法としてPayPayウォレットを指定した場合には、当社は、商品・サービス提供者との契約に基づき当該商品・サービスの代金について商品・サービス提供者を代行してお客様からのお支払を受領します。
この場合、お客様は、当社へのお支払完了によって商品・サービスの代金債務の弁済を完了したことになります。
なお、当社は、収納代行業務の全部または一部を、守秘義務を課したうえで収納代行業者に再委託することができるものとします。
また、当社は、お客様に謝金や補償金、返金などをお支払いする業務の全部または一部を、守秘義務を課したうえで業務委託先に委託することができるものとします。

4.バーコード等を利用したPayPayウォレットによる支払い

お客様が、バーコード、QR コード等の番号、記号その他の符号を利用してPayPayウォレットに登録された支払い方法にて商品・サービスの代金のお支払いを行う場合、本利用規約に加えて、本利用規約第2編 個別サービスの利用条件 第1章「PayPayウォレット特約」が適用されます。

5.請求およびお支払

当社が提供する商品またはサービスをご利用の場合は、原則として毎月末日をご利用の締め日とし翌月(所定日)請求いたします。
クレジットカード決済をご利用の場合の請求の締め日については、各クレジットカード会社にご確認ください。
なお、当社はお客様がPayPayウォレットを使用して行われた代金決済について、領収書などは発行いたしません。

6.PayPayウォレットの利用停止

PayPayウォレットの利用停止をご希望の場合、当社の定める手続に従っていつでもご利用を停止することができます。
ただし、お客様が有料サービスをご利用中の場合は、すべての有料サービスの解約手続を行わない限り、PayPayウォレットのご利用は停止できません。

7.当社の責任範囲

当社が提供する商品・サービスを除いて、当社は、お客様が購入または利用される商品・サービスについてはお客様と契約関係には立ちません。
お客様がPayPayウォレットの利用を停止された場合、登録したクレジットカードや、銀行口座などの登録情報に不備がある場合、およびお客様の事情に起因してお客様がお支払もしくはお受取ができない場合、当社は、お客様の損害について責任を負わないものとします。

8.債権譲渡

お客様が当社に対してお支払を遅滞した場合、当社は、その債権を第三者に譲渡できるものとします。

第3章 ソフトウエアに関する規則(ガイドライン)

1.ソフトウエア

このガイドラインは、当社の提供するソフトウエアに関して適用されるガイドラインです。
本章でソフトウエアとは、当社の提供するアプリケーションプログラム(ウィジェットなどのプログラムを含みます)、当社ウェブサービスのアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)、ソフトウエア・デベロップメント・キット(SDK)などの開発支援ツール(これらを介して提供される当社ウェブサービスなどのサービスを含みます)、コンテンツのビューアなど当社の提供するサービス利用のために必要なソフトウエア、その他当社の提供するソフトウエア全般(アップデート版、修正版、代替品および複製物を含みます)をいいます。
なお、ソフトウエアには、お客様がこれらを利用して自ら開発することができるものも含まれています。
お客様がそうしたソフトウエアを利用して自ら開発したソフトウエアコンポーネント(以下「開発ソフトウエア」といいます)については、お客様が一切の責任を負うことになります。

2.利用上の制約

当社は、お客様への通知を行うことなく、自己の裁量に基づいていつでもソフトウエアや特定の機能に関して利用の制約(たとえば、ソフトウエアを介して当社のサービスへのアクセス回数、アクセス時間などについて制限することなど)を行うことができるものとします。
また、ソフトウエアに関するサポートや修正版(アップデート版を含みます)の提供は、当社の裁量に基づいて行い、またあらかじめお客様へ通知を行うことなく、それらを終了する場合があります。

3.ソフトウエアに関する順守事項

ソフトウエアのご利用にあたっては、次の各号に定める行為が禁止されます。
(1)リバースエンジニアリング、逆アセンブルを行うこと、また、その他の方法でソースコードを解読すること
(2)人の生命・身体または財産に重大な危険をおよぼすおそれのある設備などを制御するためなどにソフトウエアを利用すること
(3)対価を受ける目的でソフトウエアまたは開発ソフトウエアを自ら利用し、または第三者に利用させること
(4)書面その他当社が指定する方法による事前の承諾を得ることなく、ソフトウエアを販売、賃貸、使用許諾すること
(5)合理的に必要相当な数を超える利用、乱用などを行い、または、ソフトウエアの使用について当社が定める指示などを順守しない用法でソフトウエアを利用すること
(6)ソフトウエアを提供する目的に外れた態様でソフトウエアを利用したり、当社が不適当とみなした方法・態様でソフトウエアを利用すること

4.権利関係

ソフトウエアおよび実行ファイル、その他ソフトウエアに関する一切の権利は、当該ソフトウエアの著作権を有する当社または当社の提携先に帰属します。
ただし、開発ソフトウエアに関して著作権法に基づきお客様に権利が生じる場合、当該権利については上記の限りではありません。

5.無保証

当社は、提供するソフトウエアについて、第1章総則の定めのとおり、エラーやバグ、論理的誤り、不具合、中断その他の瑕疵(かし)がないこと、信頼性、正確性、完全性、有効性について一切保証しておりません。
ソフトウエアは明示または黙示の有無にかかわらず、当社がその提供時において保有する状態で提供するものであり、特定の目的への適合性、有用性(有益性)、セキュリティ、権原および非侵害性について一切保証しておりません。

6.APIに関する特約事項

当社が提供するAPIをご利用になる場合、次の特約事項が適用されます。
•お客様が当社が提供するAPIを使用してソフトウエアを開発する場合には、「クレジット表示ガイドライン」と「クレジット配置ルール」を順守しなければなりません。
•お客様は、開発ソフトウエアに、当社が定める開発ソフトウエアを特定するためのアプリケーションID等を付さなければなりません。
アプリケーションID等の情報は、お客様が開発した開発ソフトウエアの使用に際し当社に送信されることになります。

利用規約 第2編 個別サービスの利用条件

第1章 PayPayウォレット特約

PayPayウォレット特約(以下「本特約」といいます。)は、PayPay株式会社(以下「当社」といいます。)が PayPayウォレットの機能として提供する第 1 条第 3 号に定めるバーコードを利用して決済を行うサービス(以下「本サービス」といいます。)について定めるものです。本サービスのご利用に際しては、当社が定めるPayPayサービス利用規約、ガイドラインおよび本特約が適用され、これらの規約と本特約との間に矛盾・抵触する規定がある場合には、本特約が優先して適用されるものとします。なお、利用者は、カードによる本サービスの利用については本特約に加えて、カード会社が定めるカード会員規約その他当該カードに適用される規約等、PayPayウォレットに登録された決済方法を提供する会社が定める規約等をそれぞれ遵守するものとします。

第1条 (定義)

本特約で用いる語句の意義は、以下に定めるほか、PayPayサービス利用規約で定めるとおりとします。
(1) 「バーコード読取決済サービス」とは、本サービスのうち、第 3 条第 1 項の定めに従い利用者がバーコードを読み取る方法により PayPayウォレットによる決済を行うことができるサービスをいいます。
(2) 「バーコード提示決済サービス」とは、本サービスのうち、第 3 条第 2 項の定めに従い利用者がバーコードを提示する方法により PayPayウォレットによる決済を行うことができるサービスをいいます。
(3) 「バーコード」とは、バーコード、QR コード等の番号、記号その他の符号であって、加盟店または利用者を特定するための情報その他本サービスによる決済に必要となる情報を記録したものをいいます。(「QR コード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標です。)
(4) 「利用者」とは、本特約に基づき本サービスを利用し、または利用しようとする者をいいます。
(5) 「加盟店」とは、本サービスによる決済が可能な商品等の販売者または提供者をいいます。
(6) 「商品等」とは、加盟店が販売する商品もしくは権利または提供する役務等をいいます。
(7) 「商品等代金」とは、商品等の販売価格または提供の対価(商品等にかかる税金、送料その他当社が認める料金を含みます。)その他の加盟店に対し利用者が支払うべき金銭をいいます。
(8) 「利用端末」とは、バーコードを読み取り、または表示することができる利用者が所有または管理する携帯電話端末、タブレット端末その他の端末をいいます。
(9) 「PayPayライト」とは、PayPayライト利用規約に従って当社が発行する前払式支払手段をいいます。
(10)「PayPayボーナス」とは、当社または提携先が指定する商品を購入するなど、当社または提携先が定める条件に従って、当社が無償で付与するPayPayライトをいいます。
(11) 「カード」とは、それを提示しもしくは通知して、商品等代金の決済ができるカード(その他の物または番号、記号その他の符号を含みます。)であって、当社が指定するものをいいます。
(12) 「カード会社」とは、カードを交付もしくは付与し、またはカードに係るサービスを運営する法人、団体その他の組織のうち、当社が指定する者をいいます。

第2条 (利用条件)

1. 利用者が本サービスを利用するには、次の各号に定める条件を全て満たす必要があります。
(1) PayPay アカウントの登録を行っていること。
(2) 当社が指定する要件を満たす利用端末に当社が指定するアプリケーションを利用端末にて使用可能な状態にすること。
(3) バーコード読取決済サービスの利用にあたっては、バーコードを利用端末のカメラで読み取ることができること。
(4) バーコード提示決済サービスの利用にあたっては、バーコードを利用端末の画面に表示し、加盟店に対し加盟店が読み取ることができる態様で提示できること。
(5) カードによる決済を行う場合は、本人名義の有効なカードを PayPayウォレットに登録し、かつ、本サービスにおける支払手段として指定していること。
(6) PayPay残高による決済を行う場合は、有効な PayPayライトアカウントを保有し、かつ、本サービスにおける支払手段として指定していること。
(7) PayPayサービス利用規約、カードの会員規約または PayPayライト利用規約に違反していないこと、またはそのおそれがないこと。
2. 当社は、本サービスのアプリケーションのバージョンアップその他当社が必要と判断する仕様変更などを行うことがあります。この場合、利用者は、当該仕様変更などに対応した利用端末を用いるものとします。

第3条 (利用方法)

1. 当社は、バーコード読取決済サービスとして、当社所定の方法により、バーコードを読み取る機能および次条に従って決済を行う機能を提供します。利用者は、当社所定の方法により、バーコードを利用端末により読み取り、利用端末に表示された内容が正確であることを確認したうえで、決済に必要な情報を入力し、商品等代金の決済を申し込むものとします。
2. 当社は、バーコード提示決済サービスとして、当社所定の方法により、バーコードを利用端末に表示する機能および次条に従って決済を行う機能を提供します。利用者は、当社所定の方法により、バーコードを利用端末に表示させ加盟店に当該バーコードを読み取らせることにより、商品等代金の決済を申し込むものとします。

第4条 (決済方法)

1. 本サービスにおいて利用できる決済方法は、PayPayのウェブサイトまたはPayPayアプリ上で公表するものとします。利用できるカードの範囲は、PayPayのウェブサイトまたはPayPayアプリ上で公表する方法により指定します。この範囲は変更されることがあります。
2. 当社は、前項の決済方法の利用に関し、利用者への通知または公表を行ったうえで、一定期間あたりの本サービスの利用回数もしくは利用金額を制約し、またはカードの支払回数を限定することがあります。
3. 本サービスによる決済は、次の各号に定める時に完了するものとし、当該時点をもって、カードの会員規約、PayPayライト利用規約、その他各決済方法に適用される規約等に基づく決済が完了したものとして取り扱います。
(1) バーコード読取決済サービス 当社が利用明細に決済を完了した旨を表示可能な状態にした時
(2) バーコード提示決済サービス 決済を完了した旨を当社が加盟店に通知した時
4. 利用者は、本サービスによる決済完了後、速やかに商品等代金と決済された金額、お支払い方法を確認するものとし、金額やお支払い方法に齟齬がある場合、速やかにその旨を加盟店に申し出るものとします。
5. 利用者が本サービスによる決済を希望する場合であっても、当該カードを発行したカード会社その他の各決済方法を提供する会社による利用承認が得られない場合は、本サービスを利用することができません。
6. 本サービスによる決済が完了した場合、利用者は、カードその他の決済方法に適用される規約等に基づき、各決済方法を提供する会社に対し、本サービスにより決済された金額を支払うものとします。
7. 本サービスを利用して利用者が決済した商品等代金の領収証は、加盟店が発行します。

第5条(PayPayボーナス)
1. 当社は、本サービスをご利用のお客様に対し、当社所定の条件で、PayPayボーナスを付与することがあります。PayPayボーナス付与の詳しい条件は、当社所定の方法により掲示するものとします。
2. PayPayボーナスの払戻しはできません。
3. PayPayボーナスの有効期限、利用方法等は当社所定の方法により掲示するものとします。
4. 当社は、PayPayボーナスが付与された決済が取り消された場合には、付与されたPayPayボーナスも同時に取り消すものとします。この場合、付与されたPayPayボーナスが既に使用されていたときには、利用者は、不足分をPayPayボーナスまたはPayPayライトの残高から差し引く方法のほか、当社が指定した方法にしたがって不足分に相当する金額を支払うものとします。

第6条 (免責事項)

1. 利用者は、本サービスの利用にあたり、金額その他必要な情報の入力、確認には十分注意するものとします。利用者による情報の誤入力、利用端末の不具合、決済完了後の二重払いその他利用者の事情に起因して利用者が損害を被ったとしても、当社は、当社の責めに帰すべき事由のない限り、責任を負わないものとします。
2. 当社は、当社が定める認証方法(PayPayアカウントとパスワードの組合せ、携帯電話事業者から送信される携帯電話番号ごとに一意に付与される符号の、登録情報との一致確認による認証を含みますが、これらに限りません。)により認証された利用者による利用について、当社は、PayPayアカウントの登録を行った本人による本サービスの利用であるとみなします。
3. 利用者は、PayPayアカウントとパスワードの組合せを自己の責任で厳格に管理し、第三者に開示、提供または漏えいしないものとします。また、本サービスのアプリケーションがダウンロードされた利用端末を自己の責任で厳格に管理し、第三者に利用させないようにするとともに、利用端末の画面ロックまたは画面ロックと同等の利用端末を第三者に利用させないための措置を行うものとします。利用者がこれらに反することに起因し生じた損害、および利用端末を他人に使用させた、または使用されたことから生じた損害は、利用者の負担とし、当社は、その責任を負わないものとします。
4. 利用者は、利用端末の紛失、盗難に備え、あらかじめ遠隔操作による利用端末のロック、利用端末のデータの消去など利用端末が提供する遠隔操作による利用端末を利用させないための措置(以下「利用端末のロック等」といいます。)に必要な設定を行うものとします。利用者は、利用端末の紛失、盗難その他利用端末が不正に利用される可能性が生じた場合、直ちに、当社にその旨を連絡するとともに、本サービスを第三者に利用されないための措置として、利用端末のロック等および当社が PayPayのウェブサイトに公表する措置をとるものとします。携帯電話事業者への連絡および通信回線の利用停止を行うだけでは本サービスの第三者による利用を防ぐことができませんので、利用者は、必ず本項に従った対応を行ってください。また、利用者がこれらに反することに起因し生じた損害は、利用者の負担とし、当社は、その責任を負わないものとします。
5. 利用者は、第8条に基づき本サービスの提供が停止もしくは中止された場合、または加盟店が本サービスによる決済の受け付けを停止もしくは中止した場合、本サービス以外の決済手段によって加盟店に対する支払を行うものとします。これらの場合に本サービスが利用できなかった利用者に損害が発生したとしても、第8条に基づく場合および当社の責めに帰すべき事由によらない場合、当社は、その責任を負わないものとします。
6. 当社は、利用者と加盟店との間の取引および商品等の内容、品質等には一切関与しません。利用者は、加盟店による誤入力または誤表示等により利用者が損害を被った場合、利用者自身により加盟店に対して返金等の手続を求めるものとし、当社は、その損害について一切の責任を負わないものとします。

第7条 (利用停止)

当社は、PayPayサービス利用規約その他利用者に適用される規約に定める事由のほか、利用者が次の各号のいずれかの事由に該当した場合または当社が該当するおそれがあると判断した場合には、本サービスの全部または一部の利用を停止することができるものとします。
(1) 利用者が本サービスの利用に際して虚偽の申告または登録をした場合
(2) 利用者が第 2 条の利用条件のいずれかを欠くこととなった場合
(3) 利用者が第 3 条に記載する手続以外の方法により本サービスにおける決済を行った場合または行おうとした場合
(4) 利用者が PayPayサービス利用規約、本特約その他本サービスを利用するに際して利用者に適用される規約のいずれかに違反した場合
(5) 利用者が加盟店またはカード会社その他の各決済方法を提供する会社に対する支払債務の履行を怠った場合
(6) PayPay アカウントの登録を行った本人以外による利用の疑いがあるなど、本サービスの不正利用が行われ、または行われるおそれがあると当社が認めた場合
(7) マネーロンダリング、換金目的で本サービスを利用するなど、本サービスの利用状況が適当でないと当社が認めた場合
(8) 前各号の他、本サービスの利用態様に照らし、本サービスの利用者として不相当と当社が認めた場合

第8条 (本サービスの中断、終了および変更)

1. 当社は、次の各号のいずれかに該当する場合には、利用者に事前に通知することなく一時的に本サービスの全部または一部を中断することができるものとします。
(1) 本サービスを提供するのに必要なアプリケーション、サーバー、通信回線、その他の設備の故障、障害の発生が生じた場合
(2) サーバー、通信回線や電源、それらを収容する建築物等のシステムの保守、点検、修理、変更を行う場合
(3) 天災、不可抗力、火災または停電などが生じた場合
(4) 法令またはこれに基づく措置により、本サービスを提供できない場合
(5) その他、当社が本サービスの一時的な中断を必要と判断した場合
2. 当社は、前項各号に掲げる事由が生じた場合、または、やむを得ない事由が生じた場合には、利用者への事前通知をすることなく、いつでも本サービスの全部または一部を終了もしくは内容を変更できるものとします。
3. 当社は、前二項により利用者が損害を被ったとしても、当社の責めに帰すべき事由による場合を除き、その損害について一切責任を負わないものとします。

2018年10月1日制定


PayPayライト利用規約

第1条 (適用範囲等)
1. 本規約は、PayPay株式会社(以下「当社」といいます。)が提供するPayPayライト(第2条第1号に定めます。)およびPayPayライトアカウント(第2条第2号に定めます。)の利用に関する取扱いについて定めるものです。利用者(第2条第3号に定めます。)は、本規約に同意した上でPayPayライトおよびPayPayライトアカウントを利用するものとします。
2. 利用者が未成年である場合、利用者は、法定代理人の同意を得た上で、PayPayライトおよびPayPayライトアカウントを利用するものとします。

第2条 (定義)
本規約において、以下の用語は、以下に定める意味を有するものとします。
(1) 「PayPayライト」とは、商品およびサービス等の代価の弁済のために使用することができ、またPayPayライトアカウント間で譲渡ができる電磁的方法により記録される前払式支払手段であって、当社が発行するものをいいます。
(2) 「PayPayライトアカウント」とは、PayPayライトを電磁的に記録し、保管するために必要な口座をいいます。
(3) 「利用者」とは、PayPayライトを利用する者またはPayPayライトの利用を希望する者をいいます。
(4) 「加盟店」とは、当社または当社所定の加盟店契約を締結し、自身が販売する商品または提供するサービスの代価について当社からPayPayライトによる決済を認められた者をいいます。
(5) 「対象商品等」とは、加盟店によって販売される商品および提供されるサービス等をいいます。

第3条 (払戻し禁止等)
1. PayPayライトは、法令に定める場合を除き、払い戻すことはできません。
2. PayPayライトは、第三者に利用させることはできません。

第4条 (PayPayライトアカウントの開設等)
1. 利用者がPayPayライトを利用するにあたっては、当社所定の手続きを行い、PayPayライトアカウントを開設する必要があります。
2. PayPayライトアカウントを開設するにあたり、利用者は、当社所定の方法によりパスワードを設定するものとします。パスワードは、当社所定の方法によりいつでも変更することができます。
3. 以下の各号の認証方法により認証された場合、当社は、利用者自身によるPayPayライトおよびPayPayライトアカウントの利用であるとみなします。また、これにより利用者に生じた損害について責任を負いません。
① 通知されたパスワードと前項により設定されたパスワードを確認する方法
② 利用者がダウンロードしたPayPayライトおよびPayPayライトアカウントを利用することができるアプリ(以下「PayPayアプリ」といいます)の操作による利用であることを確認する方法
③ 前二号の他利用者を特定する当社所定の認証方法
4. 利用者は、パスワードを自己の責任で厳格に管理し、第三者に開示、提供または漏えいしないものとします。また、 PayPayアプリがダウンロードされた携帯端末等を自己の責任で厳格に管理し、第三者に利用させないようにするとともに、携帯端末等の画面ロックまたは画面ロックと同等の携帯端末等を第三者に利用させないための措置を行うものとします。利用者がこれらに反することに起因し生じた損害、および携帯端末等を他人に使用させた、または使用されたことから生じた損害は、利用者の負担とし、当社は責任を負いません。
5. 利用者は、携帯端末等の紛失、盗難に備え、あらかじめ遠隔操作による携帯端末等のロック、携帯端末等のデータの消去等携帯端末等が提供する遠隔操作による携帯端末等を利用させないための措置(以下「携帯端末等のロック等」といいます。)に必要な設定を行うものとします。利用者は、携帯端末等の紛失、盗難その他利用端末が不正に利用される可能性が生じた場合、直ちに、当社にその旨を連絡するとともに、本サービスを第三者に利用されないための措置として、携帯端末等のロック等および当社が公表または通知する措置をとるものとします。携帯電話事業者への連絡および通信回線の利用停止を行うだけでは本サービスの第三者による利用を防ぐことができませんので、利用者は、必ず本項に従った対応を行ってください。また、利用者がこれらに反することに起因し生じた損害は、利用者の負担とし、当社は責任を負いません。
6. 利用者は、PayPayライトアカウントを、第三者に利用させることはできません。

第5条 (PayPayライトの購入(チャージ))
1. 利用者は、当社所定の手続きを行うことにより、PayPayライトを購入することができます。
2. 利用者が購入したPayPayライトは、PayPayライトアカウントに記録されます。
3. PayPayライトの購入単位、一日に購入できる上限、PayPayライトアカウントに保有できる上限等については、別途行う公表または通知により定めるものとします。
4. 利用者は、第1項に定める手続き完了後は、PayPayライトの購入を取り消すことはできません。

第6条 (PayPayライトによる決済)
1. 利用者は、PayPayライトを、1単位を1円として加盟店における対象商品等の購入に際しての代価の決済に利用することができます。ただし、加盟店が別途指定した対象商品等の代価の決済については、PayPayライトを利用することができません。
2. 利用者は、対象商品等を購入するときにPayPayライトでの決済を希望する場合には、当社所定の方法でPayPayライトによる支払いを指定するものとします。対象商品等の代金の金額が利用者のPayPayライトアカウントに記録されたPayPayライトの残高の範囲内である場合、当社は、当該残高から対象商品等の代金に相当する額のPayPayライトを当該利用者のPayPayライトアカウントから減算します。当該減算がなされた時点で、利用者は、加盟店に対する対象商品等の代金の支払義務を免れるものとします。
3. 利用者は、PayPayライトで決済した取引に関し、加盟店(当社を除きます。以下、本項において同じものとします。)との間で対象商品等の瑕疵、債務不履行その他の事由に基づき問題が生じた場合、利用者と当該加盟店との間で解決するものとします。この場合、利用者と加盟店との間で決済を取り消す必要が生じたときでも、加盟店は利用者に対して対象商品等の代金を直接返金せず、対象商品等の代金に相当するPayPayライトを利用者のPayPayライトアカウントに加算する方法により返金がなされることに利用者は同意するものとします。

第7条 (PayPayライトの譲渡)
1. 利用者は、当社所定の方法により、自己のPayPayライトアカウントに記録された残高の範囲内で、PayPayライトを譲渡することができます。
2. 当社は、1日に譲渡できるPayPayライトの上限額、1回に譲渡できるPayPayライトの上限額等利用者が譲渡できるPayPayライトの上限額について、別途行う公表または通知により定めるものとします。
3. PayPayライトを譲渡しようとする者(以下「譲渡人」といいます。)が、当社所定の手続きを完了した場合、当社は、譲渡人のPayPayライトアカウントの残高から譲渡人が譲渡する額のPayPayライトを減算します。
4. 譲渡の相手方となる者(以下「譲受人」といいます。)が、当社所定の手続きを完了した場合、当社は、譲渡人が譲渡する額のPayPayライトについて、譲渡人のPayPayライトアカウントの残高から減算すると同時に譲受人のPayPayライトアカウントの残高に譲渡人が譲渡する額のPayPayライトを加算します。
5. 前項に関わらず、前項に基づくPayPayライトの譲渡により譲受人のPayPayライトアカウントの残高が上限額を超える場合、当社はPayPayライトの譲渡手続を行わないものとします。
6. 当社は、譲渡人および譲受人の間で締結された譲渡に係る契約が無効であったり、取り消された場合においても何らの影響を受けないものとし、これらに関連して譲渡人または譲受人その他の第三者に損害が生じたとしても一切の賠償責任を負わないものとします。
7. 譲渡人が第3項の手続きを完了した日から起算して当社所定の期間を経過する日までに譲受人が第4項の手続きを完了しなかった場合、譲渡人による第3項のPayPayライトの譲渡にかかる手続きは取り消されたものとみなします。

第8条 (PayPayライトの失効、PayPayライトアカウントの閉鎖)
1. 当社は、PayPayライトの有効期間について、別途行う公表により定めるものとします。
2. PayPayライトの有効期間が経過した場合、当該PayPayライトは失効し、利用できなくなります。
3. 利用者は、当社所定の手続きにより自己の保有するPayPayライトアカウントを閉鎖することができます。
4. 閉鎖されたPayPayライトアカウントに残高が残っていた場合には、当該残高に係るPayPayライトは失効するものとします。
5. 当社は、失効したPayPayライトに相当する金額の返金を行わないものとします。

第9条 (届出等)
1. 利用者は、PayPayライトアカウントを開設する場合、以下の事項を当社に届け出るものとします。
(1) 携帯電話番号
(2) その他当社が別途定める事項
2. 利用者は、前項の届出に際して、すべて最新、真正かつ正確な情報を届け出るものとします。
3. 利用者は、第1項に基づき当社に届け出た情報に変更があった場合、当社所定の方法により速やかに変更後の情報を当社に届け出るものとします。
4. 利用者が第1項の届出に際して誤った情報を届け出たり、虚偽の情報を届け出た場合、または前項に基づく変更届出を行わなかった場合に、これらに起因して利用者に損害が生じたとしても、当社は当該損害を一切負担しないものとします。

第10条 (権利義務などの譲渡の禁止)
PayPayライトアカウントに関する契約上の地位およびこれにより生じる権利義務の全部または一部は、利用者に帰属し、利用者は、これらの権利を第三者に譲渡、貸与または相続させることはできないものとします。

第11条 (解除)
1. 利用者が以下の事由に該当する場合または該当すると当社が判断した場合(以下本条において該当した者または該当すると当社が判断した者を「該当者」といいます。)、当社は、該当者に対する何らの通知、催告なしに、直ちに該当者によるPayPayライトおよびPayPayライトアカウントの利用を停止するなど当社との本規約に基づく契約の全部または一部につきその債務の履行を停止させ、または、該当者が保有するPayPayライトを失効させるもしくは該当者のPayPayライトアカウントを閉鎖することができるものとします。これらにより該当者に損害が発生したとしても当社は一切の責任を負担しないものとし、利用者は、これを承諾するものとします。
(1) 預金目的でPayPayライトアカウントまたはPayPayライトを保有しまたは利用した場合
(2) 犯罪による収益の移転防止に関する法律第2条に定める犯罪による収益の移転その他の不当な目的でPayPayライトアカウントまたはPayPayライトを保有し、または利用した場合
(3) PayPayライトアカウントを譲渡し、または現金財物その他の経済上の利益と交換した場合
(4) 当社または金融機関その他の第三者から不正に金員を詐取する目的その他の不正な目的でPayPayライトアカウントまたはPayPayライトを保有し、または利用した場合
(5) 本規約に違反した場合
2. PayPayライトアカウントまたはPayPayライトの保有または利用が不適切である場合のほか、当社が不適切と判断した場合該当者は、当社に対するすべての債務(本規約に基づく契約による債務に限定されないものとします。)について、当然に期限の利益を失い、当社に対し直ちに債務全額を現金にて支払わなければならないものとします。
3. 第1項に基づくPayPayライトの失効またはPayPayライトアカウントの閉鎖は、当社による該当者に対する損害賠償の請求を妨げないものとします。

第12条 (反社会的勢力の排除)
1. 利用者は、自己または自己の親族が、現在、以下のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。
(1) 暴力団
(2) 暴力団員および暴力団員でなくなったときから5年を経過しない者
(3) 暴力団準構成員
(4) 暴力団関係企業
(5) 総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知的暴力集団等
(6) 前各号の共生者
(7) その他前各号に準ずる者
2. 利用者は、自己または自己の親族が自らまたは第三者をして、以下のいずれの行為も行わないことを確約するものとします。
(1) 暴力的な要求行為
(2) 法的な責任を超えた不当な要求行為
(3) 取引に関して脅迫的な言動をする、または暴力を用いる行為
(4) 風説を流布し、偽計を用いもしくは威力を用いて当社の信用を毀損し、またはその業務を妨害する行為
(5) その他前各号に準ずる行為
3. 利用者が前二項各号のいずれかに違反している疑いがあると判断した場合、当社は、何らの通知、催告なしに、直ちに当社が違反している疑いがあると判断した者によるPayPayライトまたはPayPayライトアカウントの利用を停止するなど当社との間に存在する本規約に基づく契約を含む一切の契約の全部または一部につきその債務の履行を停止することができるものとし、契約の全部もしくは一部につき締結を拒絶することができるものとします。
4. 利用者が第1項または第2項に違反した場合(以下本条において違反した者を「該当者」といいます。)、当社は、何らの通知、催告なしに、直ちに該当者が保有するPayPayライトを失効させるもしくは該当者のPayPayライトアカウントを閉鎖することができ、また、当社との間に存在するすべての契約の全部または一部につき、何らの責任を負うことなく、その債務の履行を停止し、または解除することができるものとします。
5. 該当者は、当社に対するすべての債務(本規約に基づく債務に限定されないものとします。)について、当然に期限の利益を失い、当社に対し直ちに債務全額を現金にて支払わなければならないものとします。
6. 第4項に基づく措置は、当社による損害賠償の請求を妨げないものとします。

第13条 (PayPayライトアカウントの利用にあたっての禁止事項)
利用者は、次の各号に定める行為を行ってはならないものとします。
(1) 日本国またはご利用の際に利用者が所在する国・地域の法令に違反する行為
(2) 社会規範・公序良俗に反するものや、他人の権利を侵害し、または他人の迷惑となるようなものを、投稿、掲載、開示、提供または送信したりする行為
(3) 当社または金融機関その他の第三者の使用するソフトウエア、ハードウエアなどの機能を破壊したり、妨害したりするようなプログラムなどの使用する行為
(4) 当社または金融機関その他の第三者のサーバーまたはネットワークの機能を破壊したり、妨害したりする行為
(5) 当社または金融機関その他の第三者のサービス配信する広告を妨害する行為
(6) ほかの利用者の個人情報や履歴情報および特性情報(当社プライバシーポリシーにて定義されます)などを利用者に無断で収集したり蓄積したりする行為
(7) 当社のサービス(PayPayライトまたはPayPayアカウントの利用を含むがこれに限らない)を、提供の趣旨に照らして本来の目的とは異なる目的で利用する行為
(8) ほかの利用者のPayPayライトアカウントを使用してサービスを利用する行為
(9) 手段のいかんを問わず他人からPayPayライトアカウントやパスワードを入手したり、他人にパスワードを開示したり提供したりする行為
(10) 当社のサービスに関連して、反社会的勢力に直接・間接に利益を提供する行為
(11) 上記のいずれかに該当する行為を援助または助長する行為
(12) その他、当社が不適当と判断した行為

第14条 (PayPayライトアカウント等の利用の中断等)
1. 利用者は、以下の各号のいずれかに該当する場合、当社が利用者に事前に連絡することなく、一時的にPayPayライトまたはPayPayライトアカウントの利用を中止または中断をさせる場合があることをあらかじめ承諾するものとします。
(1) 当社または通信手段を提供している第三者のシステムの保守を緊急に行う場合
(2) 火災や停電、地震、噴火、洪水、津波などの天災または戦争、テロ、変乱、暴動、騒乱、労働争議などが発生した場合
(3) その他、運用上、技術上当社が一時的な中止または中断を必要と判断した場合
2. 当社は、当社のアプリ等にあらかじめ公表または通知する方法によって、利用者への個別の通知なくPayPayライトまたはPayPayライトアカウントの利用を一定期間停止することができます。

第15条 (当社の免責)
1. 当社は、提供するサービスの内容について、事実上の瑕疵(かし)やバグ(セキュリティなどに関する欠陥、エラーも含む)がないこと(完全性)を保証するものではありません。また、当社は、利用者に対して、かかる瑕疵やバグを除去してサービスを提供する義務を負わないものとします。
2. 当社は、PayPayライトの利用に起因して利用者に生じたあらゆる損害について、当社に故意又は重過失がある場合を除き、責任を負わないものとします。
3. 本利用規約の規定が利用者との本利用規約に基づく契約に適用される関連法令に反するとされる場合、当該規定は、その限りにおいて、当該利用者との契約には適用されないものとします。ただし、この場合でも、本利用規約のほかの規定の効力には影響しないものとします。
4. 上記ただし書に定める場合であっても、当社は、当社の過失(重過失を除きます。)による債務不履行または不法行為により利用者に生じた損害のうち特別な事情から生じた損害(当社または利用者が損害発生につき予見し、または予見し得た場合を含みます。)について一切の責任を負いません。また、当社の過失(重過失を除きます。)による債務不履行または不法行為により利用者に生じた損害の賠償は、当該損害が発生した月に利用者が購入したPayPayライトの購入額を上限とします。

第16条 (設備等)
利用者は、PayPayライトおよびPayPayライトアカウントを利用するために必要な通信機器、その他すべての機器およびソフトウエアを、自己の負担において、準備するものとします。また、利用者は、自己の裁量と費用で通信手段を選択して当社のウェブサイトに接続するものとします。当社は、利用者が選択して使用する機器やソフトウエアおよび通信手段(以下「設備」といいます。)および設備に起因するPayPayライトおよびPayPayライトアカウントの利用に関する不具合等に対し、何ら責任を負わないものとします。

第17条 (個人情報の取扱い)
1. 当社は、利用者の個人情報を、関係法令等および当社プライバシーポリシーに従って適切に取り扱います。
2. 当社は、利用者の個人情報を当社プライバシーポリシーに定められた利用目的の範囲を超えて利用しないものとします。
3. 当社は、利用者の個人情報を第三者に提供する際は、当社プライバシーポリシーの定めに従います。

第18条 (利用者への連絡)
1. PayPayライトまたはPayPayライトアカウントに関する当社から利用者への連絡は、当社が運営するウェブサイト内の適宜の場所への掲示、PayPayライトアカウントに紐付くメールアドレスへの連絡その他当社が適当と判断する方法により行うものとします。
2. 利用者が当社への連絡を希望される場合には、第21条に定める窓口または当社が指定するメールアドレスあてのメールによって行っていただくものとします。

第19条 (本規約の変更・廃止)
1. 経済情勢の変化、法令の改廃その他の当社の都合により、本規約は変更または廃止できるものとします。
2. 本規約を変更または廃止したときは、第18条に定める告知方法および当社のウェブサイトにおける表示により告知するものとします。
3. 本規約の変更があった場合、利用者は、本契約の変更後も引き続きPayPayライトを利用することにより、当該変更後の本規約に同意したものとみなされます

第20条 (準拠法、裁判管轄)
1. 本利用規約の成立、効力発生、解釈にあたっては日本法を準拠法とします。
2. PayPayライトの利用に起因または関連して当社とお客様との間で生じた紛争については東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第21条 (苦情等対応)
利用者は、PayPayライトに関する問い合わせを行う場合、当社の以下の窓口を通じて問い合わせるものとします。
・PayPayカスタマーサポート窓口
電話番号:0120-990-634
営業時間:9:30-21:00
・PayPay紛失・盗難専用窓口
電話番号:0120-990-633
窓口時間:9:30-21:00
・メールでの問い合わせ
PayPayアプリのヘルプ・問い合わせ

附則
PayPayライトの譲渡機能は、今後提供予定です。第7条(PayPayライトの譲渡)は、譲渡機能提供日より適用されるものとします。譲渡機能の提供日は、別途通知または公表します。

2018年10月1日制定


PayPayライト 資金決済法に基づく表示

(1) 発行者名
PayPay株式会社
東京都千代田区紀尾井町1番3号
(2) 支払可能金額
支払可能金額は50万円です。残高の上限額は100万円となります。
(3) 有効期限
PayPayライトの残高が最後に増減した日から2年後までとなります。
(4) 問い合わせ先
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町1番3号
PayPayアプリのヘルプ・お問い合わせからお問い合わせください。
(5) 利用可能加盟店など範囲
PayPay加盟店での利用が可能です。
(6) 利用上の注意
原則として、 PayPayライトの払い戻しはいたしません。
ただし、当社がPayPayライトを廃止する場合または、法令により定められた場合にはこの限りではありません。
 その他 PayPayライトのご利用条件は、 PayPayライト利用規約をご確認ください。
(7) 未使用残高の確認方法
 PayPayアプリの残高明細画面で残高を確認できます。
(8) 利用規約
当社 PayPayライト利用規約をご覧ください。

PayPayボーナスの取扱いについて

・当社は、PayPayをご利用のお客様に対し、PayPayでのお支払い時に、決済金額の0.5%(1円未満切捨)のPayPayボーナス(※)を付与します。ただし、PayPayボーナスが付与された決済の取引が取り消された場合には、付与されたPayPayボーナスも同時に取り消されます。この場合、付与されたPayPayボーナスが既に使用されていたときには、不足分をPayPayボーナスまたはPayPayライトの残高から差し引く方法のほか、当社が指定した方法にしたがって不足分に相当する金額を支払うものとします。
また、キャンペーンなど当社所定の条件で、PayPayボーナスを付与することがあります。PayPayボーナス付与の詳しい条件は、その都度ウェブサイトやPayPayアプリ等に掲示しますので、ご確認ください。
※PayPayボーナスは、当社が無償で付与するPayPayライトのことをいいます。

・PayPayボーナスは、PayPayの加盟店で、PayPayライトでのお支払い時に1PayPayボーナス=1円でご利用いただくことができます。

・PayPayボーナスの残高をお持ちのお客様が、PayPayライトによる支払いを選択された場合には、自動的にPayPayボーナスの残高がなくなるまで、PayPayライトに優先して、PayPayボーナスの残高から有効期限が先に到来する順に、支払に充当されます。

・PayPayボーナスの残高および有効期限は、PayPayライト残高表示画面でご確認ください。有効期限の経過したPayPayボーナスは消滅します。

・PayPayボーナスの払戻しはできません。

・お客様がPayPayのご利用を終了(PayPayアカウントの停止、中断、閉鎖等)された場合には、有効期限が未到来のPayPayボーナスがあっても、PayPayボーナスは全て消滅します。